必須アミノ酸? 非必須アミノ酸? アミノ酸の種類とその特徴

サプリメント

20160420

人間の身体全体の約2割を占めるタンパク質は、20種類の「アミノ酸」で構成されています。アミノ酸は、皮膚、毛髪、筋肉などの一部となるだけではなく、免疫システムやホルモンバランス、エネルギー代謝、脳・神経機能をはじめとした生命を維持する上で欠かせない機能の制御を司っており、不足すると身体にさまざまな不調を引き起こします。

アミノ酸は、食事で補うことができますが、不規則な食生活では摂取しきれないため注意が必要です。ここでは、アミノ酸の種類とその特徴を詳しく説明していきましょう。

アミノ酸の種類とその特徴

自然界に約500種類以上あるアミノ酸のうち、人間の身体に必要とされるアミノ酸は全部で20種類。これらのアミノ酸は、必須アミノ酸と準必須アミノ酸、非必須アミノ酸の3種類に分けることができます。以下に、それぞれの役割について説明します。

必須アミノ酸

タンパク質を構成するアミノ酸のうち、体内で合成することができないアミノ酸を必須アミノ酸と呼んでいます。必須アミノ酸は、全部で9種類あり、どれか1種類でも不足すると、骨や筋肉、血液などの生成がストップしてしまう恐れがあります。

準必須アミノ酸

準必須アミノ酸は、体内で合成されるものの、成長段階において合成量が不足しやすいアミノ酸を指します。特に、成長のスピードが早い乳幼児期は、食事から積極的に摂取しなければいけません。

非必須アミノ酸

体内で合成可能なアミノ酸を非必須アミノ酸と呼びます。ただし、その合成量は偏った食生活や不規則な生活リズム、加齢の影響により合成量が減少しやすいため、準必須アミノ酸と同様に食事からの摂取が欠かせません。

必須アミノ酸の種類

アミノ酸の中でも最も重要な9種類の必須アミノ酸には、以下のような働きがあります。

バリン

バリンは、筋肉の成長や運動能力を維持する上で中心的な役割を担う他、脳活動や情緒の安定に必要な成分の一つです。

ロイシン

ロイシンには、身体を動かすエネルギー源となる、グリコーゲンを作り出す肝臓の機能を向上させる重要な機能があります。また、バリンと同様に筋肉の成長に深く関わる成分です。

イソロイシン

大脳から手足などの末端組織に指令を伝える機能に関わり、反射神経や判断能力などに影響を与える成分です。筋肉の成長や血液の流れを促進する働きもあります。

リジン

免疫システムに欠かせない抗体を生成する他、全身の代謝を促し疲労を回復させる作用をもたらします。また、カルシウムの吸収を助け骨を強くする働きがあります。

ヒスチジン

ヒスチジンは、体内に取り込まれるとヒスタミンに変化し脳神経系を養います。ヒスタミンは、食欲の調整や体脂肪の分解(燃焼)にも関わります。

メチオニン

肝機能を正常に保ち、動脈梗化などの生活習慣病を予防します。また、アレルギー症状やうつ状態を改善する働きがあることが分かっています。

スレオニン

消化管機能を促進させると同時に、肝臓に脂肪が蓄積することを予防する働きがあります。また、体内におけるコラーゲン合成にも関わっており、若々しさを保つ役割としても期待される成分です。

フェニルアラニン

ドーパミンやアドレナリンなどの神経伝達物質を作り出します。精神機能を調整し、心を落ち着かせたり、痛みを和らげたりする作用があります。

トリプトファン

精神を安定させ、うつ状態を予防する効果があるとされるセロトニンの生成に関わっています。トリプトファンが不足すると、集中力が低下したり、不眠症などの睡眠障害に陥りやすくなります。

タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうち、どれか1つでも不足すると、他のアミノ酸がうまく利用されなくなってしまいます。毎日の食事からバランスよくアミノ酸を摂取し、健やかな生活を送っていきましょう。

hmb_banner

ページトップに戻る