理想的な子供の睡眠時間ってどのくらい?

ジュニア


心身ともに発達途中にある子供たちにとって、睡眠はとても大切なものです。にもかかわらず、日本の子供たちの睡眠時間は世界的に見てかなり短いことが指摘されています。充分な睡眠が確保されず、寝不足の状態が慢性化すると、子供たちにどのような影響を及ぼすのでしょうか。睡眠の大切さと理想的な睡眠時間について、詳しく解説していきます

睡眠の大切さについて

「寝る子は育つ」という言葉があるように、充分な睡眠時間を確保することは子供の成長に欠かせないものです。睡眠不足の子供たちは、朝すっきりと目覚められないというだけでなく、子供たちにさまざまな悪影響を及ぼします。

例えば、睡眠中には心身の成長に欠かせない「成長ホルモン」が分泌されていて、睡眠が不足することによって成長ホルモンの分泌が少なくなることが分かっています。その結果、身長が伸びない、肥満になりやすいといった問題が指摘されているのです。また、睡眠不足の子供たちは運動機能や知能の発達にも遅れが生じる場合があるといわれています。心が不安定な状態になりやすくイライラしたり、キレやすくなったりと、睡眠不足が子供たちに及ぼす影響は、決して軽く見過ごすことはできないのです。

年齢別に見る子供の理想な睡眠時間

子供たちに必要な睡眠時間は年齢に応じて変化していきます。それぞれの年齢ごとに見ていきましょう。

新生児/乳児…15<〜20時間

生まれてから3ヶ月頃までの赤ちゃんは、体内時計が未熟です。一日のリズムが出来上がるまでは時間帯に関係なく眠ります。

1〜3歳…12〜14時間

質の良い眠りに不可欠なメラトニンが一生のうちで最も活発に分泌される時期で、「夜になったら眠り、朝になったら起きる」という基本的な生活リズムが、この時期に身に付きます。とはいえ、まだたっぷりと睡眠を取ることが必要です。

4〜6歳…10〜13時間

早寝早起きの習慣付けをする時期です。朝7時に起きるとすると、20時頃までには寝床に入るのが理想的です。昼寝をし過ぎは夜の寝付きに影響しますので、注意しましょう。入眠までの決まり事(食事、歯磨き、入浴、トイレ、就寝)も守るように気を配ります。

7〜12歳…10〜11時間

就学により生活のリズムが大きく変わる時期で、塾や習い事などに通うことで、子供によって睡眠時間に差が出始めるのもこの頃です。とはいえ、この時期は心身ともに最も大きく成長する大切な時期でもありますので、睡眠時間は最低でも10時間は確保したいものです。睡眠不足が慢性化することで、注意力が散漫になり学力に影響を及ぼすこともあるので注意しましょう。

13歳~18歳…8~9時間

心身ともに大人へと近づく大切な時期です。身長をはじめ心身の成長に欠かせない成長ホルモンをしっかり分泌させるためにも、充分な睡眠の確保と規則正しい生活を心がけましょう。

夜ぐっすり眠れるようにしてあげるには?

子供に早寝早起きの習慣を身につけさせたいのなら、最も簡単な方法は、親自身が早寝早起きの手本を見せるということです。朝は太陽の光をしっかりと浴び、朝食を食べる。時間に余裕を持って起床することで、朝食後の排便を済ませてから登校することもできます。

そして夕食は早めに済ますように心がけ、就寝ギリギリまでテレビを見たりスマホを操作したりするということは意識してやめるように心がけてみましょう。

快適な入眠に導くためにも、夜は電気を少し暗めにするなど落ち着いた環境を整えて上げることも大切です。

子供が寝不足になる原因の多くは親の責任によるものです。心身の健やかな成長に欠かせない充分な睡眠時間を、親が意識して確保していくようにしましょう。

「身伸革命180」は成長期の栄養バランスをサポートします。

ページトップに戻る