目のかゆみとはさよなら! 花粉症対策用メガネの選び方

ヘルスケア

2016042903

「今すぐ花粉のない国へ行きたい!」花粉症のシーズンになると、ついこんな風に叫びたくなってしまう方いませんか? 花粉のない国へ行くことは無理でも、花粉の少ない世界へ眼を避難させることは可能です。進化し続ける花粉症対策メガネについて、知っておきましょう。

花粉症対策メガネってどんなもの?

花粉症対策メガネは、通常の眼鏡のフレームにゴーグルのような透明フードを付けて、花粉の侵入を防ぐようにしたもの。フード部分を顔にフィットできるように、ノーズパッド(鼻に当たる部分)やテンプルエンド(メガネのつる)に調整機能がついています。発売当初の花粉症対策メガネは機能性重視で見た目がイマイチでしたが、最近のものは日常使いに違和感がないように、デザインも進化しています。

花粉症対策メガネの選び方

各眼鏡メーカーともに数多くの花粉症対策メガネを出しています。機能や価格もさまざまで、どれを選んでいいか迷う方も多いはず。花粉症対策メガネを購入する際に考慮するべきは次のポイントです。

 「使用するシーン」からの選び方

普段使いかスポーツ用かで選ぶメガネが大きく変わります。普段使いなら、一般的なメガネに見えるデザインのものが自然な印象です。スポーツシーンならゴーグルテイストのメガネを選んでも大丈夫。動いてもずれないラバーフレームや、サイドビューを確保できるレンズデザインを選べば、激しい動きにもマッチします。

 「花粉のカット率」からの選び方

現在大手眼鏡メーカーの花粉症対策メガネは、おおむね98%に近い花粉カット率を謳っています。ただデザイン性が高いタイプを中心に見ると、花粉カット率が若干低くなっているケースも。花粉をしっかりカットするタイプには、ゴーグルテイストのものが多くなっています。

 「レンズの機能」からの選び方

花粉症対策にはメガネと共にマスクを着用することが多いので、曇り止め加工のレンズが人気。ただ度付きを選ぶと曇り止めができないメーカーもあるので、その場合は市販の曇り止めスプレーなどで対応します。オフィス用にはブルーライトカット機能のレンズをつけた花粉症対策メガネもありますし、着脱式のブルーライトカットカバーを付けられるタイプもあります。

 「フィット機能」からの選び方

花粉症対策メガネは、フード部分がしっかり顔にフィットすることが需要なポイント。

ノーズパッドやテンプルを調節して、どれだけすき間をなくせるか、これはいろいろ試着して試してみるしかないようです。

 「価格」からの選び方

プチプライスの眼鏡メーカーも花粉症対策に力を入れているので、数千円から花粉症対策メガネを手に入れることができます。度付きにしたり、レンズに曇り止め機能やブルーライトカット機能を付けると、その分オプションで価格があがります。

花粉症対策メガネは、「眼にするマスク」ともいえます。近年の花粉症対策メガネは、花粉のカット率も高いので、眼のかゆみが強い人には有効な花粉症対策です。いつもはコンタクト派という人も、花粉症のシーズンには上記のポイントを参考にメガネを選んでみてはいかがでしょうか。

hmb_banner

ページトップに戻る